靴のサイズ・靴紐

靴のサイズ

ここでは、日本をはじめとする各国の靴のサイズや、靴のサイズ選びについて解説していきますので、どうぞご覧くださーい(^^)

靴のサイズ早見表

靴のサイズは表示サイズを見て買うだけではフィットしないことがよくあるので、できれば店頭で試着してから購入していただきたいんですけど・・・。最近はネットでも購入できる時代なので、試着せずに靴を買うパターンも多いですよね~。特に革靴は足に合う合わないがけっこう顕著に出るので、ネットで買うことはオススメしないんですが・・・。どうしても何らかの理由でネットで買う、そんな方のために、サイズ表を載せておきま~す!!!これ知っておくと便利ですので~(^^)

メンズサイズ
日本 24.5cm 25.0cm 25.5cm 26.0cm 26.5cm 27.0cm 27.5cm 28.0cm
アメリカ 6 1/2 7 7 1/2 8 8 1/2 9 9 1/2 10
イギリス 6 6 1/2 7 7 1/2 8 8 1/2 9 9 1/2
ヨーロッパ 39 40 41 42 43 44 45 46
レディースサイズ
日本 22.0cm 22.5cm 23.0cm 23.5cm 24.0cm 24.5cm 25.0cm 25.5cm 26.0cm
アメリカ 5 5 1/2 6 6 1/2 7 7 1/2 8 8 1/2 9
イギリス 3 3 1/2 4 4 1/2 5 5 1/2 6 6 1/2 7
ヨーロッパ 34 35 36 37 38 39 40 41 42
ベビーサイズ
日本 11.0cm 11.5cm 12.0cm 12.5cm 13.0cm 13.5cm 14.0cm
アメリカ 4 × 5 × 6 7 8
イギリス 2 3 3~4 4 5 5~6 6
ヨーロッパ 18 19 20 × 21 22 ×
キッズサイズ
日本 14.0cm 15.0cm 16.0cm 17.0cm 18.0cm 19.0cm 20.0cm 21.0cm 22.0cm
アメリカ 8 9 10 11 12 13 14 15 16
イギリス 6 7 8 9 10 11 12 13 14
ヨーロッパ 23 24 26 28 29 32 33 34 36

デキる靴

革靴「サイズの選び方」

いたって当たり前なのですが、革靴に限らず、靴は足にあったサイズのものを履いてください!靴のサイズを間違ってしまうと足にも負担がかかりますし、靴が変形したり、あるべきではない場所にシワが入ってしまったりと見た目も悪くなるのです。ここでは、皆さんが意外にも妥協して購入しているらしい(!?)革靴のサイズ選びについて語らせていただきます!革靴のサイズを決める際のポイントは5つ!

(1)足の甲まわりにフィットするものを選ぶ
足の甲まわりがきちんとフィットしていると、長時間革靴を履いていても、さほど疲れません。ですので、足の甲にしっかりとフィットしているサイズを選んでください。
(2)靴の中で指と指が重ならないような横幅を選ぶ
靴の中で指と指が重ならない程度の横幅を選びましょう!革は履き慣れると伸びてくるので、余裕がありすぎると後でガバガバになりますよ!
(3)爪先に少し余裕があるものを選ぶ
爪先部分は1cm程余裕があってOKです。指の上部は軽く当たる程度が良いと思います。
(4)かかとが浮かないものを選ぶ
購入時は実際に履いて試着してください。その時、かかとが浮きにくい物を選んでくださいね。
(5)紐靴は羽根の確認をする
紐靴の場合は羽根の具合もきちんと確認してくださいね☆新品の状態で試着して、革靴の紐をわりとぎゅっとキツめに結んでください。この状態で羽根が1cm以上開いている物を選んでください!それは、革靴は履いているうちに少しずつ伸びてくるので、羽根の部分が被るようになって、足を締め付けられなくなるんです。新品の状態で羽根が完全に閉じてしまっては、サイズが大きいということになります。

革靴のサイズを調整する方法

新しい靴をうきうき気分で履いたはいいが、「あれ?10分くらいしか履いてないのにかかとが痛くなってきた・・・靴ズレができた・・・」な~んてことありませんか~!?僕、たまにあるんですよね。やっぱりどうしても0.5センチごとのサイズ展開なので、きっちり自分の足のサイズに合うって難しいと思います(TOT)そんな時は自分で少し革を伸ばしてみましょう!!さすがに1センチ以上伸ばすのは無理ですし、それだけ伸ばさなくてはいけないとなると、明らかにサイズ選びを間違えたことになります。ただ、2ミリ・3ミリの違いで足がラクになるのなら、やってみる価値はありますよ☆

革伸ばしスプレー

ちょっとだけ靴に足があたるような場合は、革伸ばしスプレーが手軽で効果が出ますよ!値段も1,500円程度だったりとお手頃なので1本持っていてもいいとおもいます(^^)ただし、シミ・ムラ・傷みなどに繋がる場合もありますので、きちんと試してから使用してください!もしくはそのメーカー専用のものなどがあれば、それを買うのが一番だと思いますよ!!

シューストレッチャー

(1)シューストレッチャーを靴よりも小さいサイズにしておいて、靴に装着します。

(2)少しずつネジを回していきます。すると、シューストレッチャーの長さや幅が伸びていきますので、靴がヒビ割れず傷まない程度までネジを回します。

(3)あとは伸びるまで数時間から数日放置でOKです。

靴紐

では次に、靴に欠かせない「靴紐」についても、お話させていただきます☆

靴紐の種類

靴ひもは大きく分けて丸ひもと平ひもがありますが、この2種類では、圧倒的に幅のある平ひもがカジュアルな印象を与えますよね。丸ひもの中でも幅が太くなるにつれて、カジュアルな印象になります。どちらも紐の存在感が増すほどに、カジュアルな印象になっていくんです(^^)反対に、靴ひもが細いほどドレッシーできちんとした印象です。また、しっかりと結びたい時には、丸ひもよりも、平ひものほうがギュッと結べます。

ロー引き
蝋やシリコーン樹脂でしっかり覆った靴ひものことです。ロー(蝋)をひくことで、靴ひもの耐久性が増しますので、ビジネスシューズなどに向いてますね。耐久性が抜群でハリがある分、少し結びにくいですが、蜜蝋をさらに塗り込むと結び易くなり、さらにはほどけにくくなるんですよ~(V^-°)
石目柄
綿素材を使用して、編みこむ方法で作られているんです。ニット調に編まれている紐なので、クッション性に優れていますね!表面に編み込み柄(石目柄)がでるので、すこしカジュアルな雰囲気になりますが、伸縮性に優れているので、足のコンディションの変化に対応しやすいです。蜜蝋塗りをすることで、さらにほどけにくくなりますよ!!蜜蝋ってすごいやつなんですよ~!!
ガスひも
一般的な靴ひもです!耐久性には優れていませんが・・・結びやすい紐ですね。表面が滑らかなのでほどけやすいですが、またもやここで蜜蝋をヌリヌリすることでほどけにくくなっちゃいますよ~♪

靴紐の幅・長さ

靴に使う靴紐というのは様々な種類があります。ハトメ(穴)の大きさや数によって、長さも太さも様々に展開されているんですね。

ビジネス用の革靴に使う紐の幅・長さ

基本的にビジネス用の革靴というのは3mm以下の穴が開いているので、靴紐も3mm以下の物が良いですよ!!間違って太い靴紐を買って無理やり通すとかなしですよ~(笑)こういったビジネス用の革靴というのは、一見するとハトメが付いていないように見えるんですけど、金属が表から見えない「裏ハトメ」を使って、見た目がスマートになるようにしているんです!!ちゃーんと考えられてるんですよ~~~☆ふふふ。

カジュアル用の靴に使う紐の幅・長さ

カジュアル向けの靴は表からも見えるハトメが使われている場合が多いですよね。ワークブーツやアウトドアブーツ等のほとんどは「表ハトメ」が使われています。「表ハトメ」というのは3mm以上の穴に使われる事が多いのであまり細い紐を使うよりも、フィット感の高い太めの靴紐を使うほうがよいと思いますよ♪

靴紐の長さの目安

靴紐の長さというのは、靴自体の締め具合やハトメの数で変わりますよね。また、内羽根式の革靴と外羽根式の革靴によっても穴の距離が違うので、紐の長さを変えたほうがいいんですよ。知ってました!?あくまでも僕の仕事上の知識なので、必ずこの長さですよ~というわけではありません(^^)目安としてご覧ください!!!ちなみに、これから提示する穴の数は、左右1対で1穴として数えますねー!

1穴~3穴の靴
靴紐は55cm前後が良いでしょう♪
3穴~4穴の靴
靴紐は65cm前後が良いでしょう♪
4穴~5穴の靴
靴紐は75cm前後が良いでしょう♪
5穴~6穴の靴
靴紐は85cm前後が良いでしょう♪

スタイリッシュな足元

社会人サークル 大阪の出会いならSmilelife‐スマイルライフで見つけましょう!!素敵な出会いをご提供できるのはここしかありません。