革靴のお手入れ(1)

革靴のお手入れ方法

革靴を愛するものは、お手入れも抜かりはなぁ~~~~し!!!!!この手入れが面倒くさいとおっしゃるならば、本当に革靴を愛していないと思います!!!!!(ちょっと考え方偏ってます!?!?)まあでも、それくらい、大事な作業なんですよ、お手入れは。最近は、1シーズン履き倒したら捨ててもいいくらいの、リーズナブルな靴もたくさんありますけど、高い靴を買えば、やっぱり自然に大事にしますし、手入れだってするものです。では、なんだかんだと言うのはここまでにして(笑)、お手入れ方法に入りたいと思います☆

黒色の革靴のお手入れ方法

用意するものは、靴ブラシ・小ブラシ・靴クリーナー(汚れ落とし)・靴クリーム(黒)・靴クリームを塗る布・防水スプレーの6つです!!!ではスタート~~~!!!

(1)靴全体についたホコリを、靴ブラシではらってください。いっぽう方向にブラッシングします。革を傷つけないように優しくあまり力を入れないでくださいね~。

(2)ソールとアッパーのあいだのホコリを小ブラシで優しく払います。いっぽう方向にブラッシングします。溝になっているので汚れが溜まる場所です。カビや靴のひび割れの原因にもなりますので、よ~く汚れを払ってください。

(3)布に少しだけ靴クリーナーをとります。少量のクリーナーを数回にわけて使う事が上手に手入れするコツです。一度にたくさんのクリーナーを使うと、モノによってはシミの原因になりますので要注意ですよ!!

(4)そのまま、同じ布で汚れを落とします。優しい力加減で手早く動かしてください。だらだら動かすとムラになったりシミになってしまいます!革の表面だけをこするように動かすのがポイント。汚れがひどい部分は、円を描くようにクルクルこすると良いですよ!!

(5)布のきれいな面を使って、クリーナーを拭き取ります。あまり力をかけずに、スピーディーに布をこすらせながら、念入りに拭き取っていくと、ツヤが出てきま~す!!ツヤが出てくると気持ちいいですよ~( ̄ー ̄)v

(6)布に、少量の靴クリームとります。黒の靴には黒のクリームを使います。少量のクリームを数回にわけて、靴全体に塗っていく事がうまく手入れをするポイントです(^^)ほんの少量ずつですよ。ここで焦ると水の泡~~!

(7)(6)のクリームを靴全体に塗って行きましょう。うすく、少しずつ、均等に、小さな円を描くようにクルクルと塗ってください。

(8)布のきれいな面で乾拭きしましょう!!これでツヤが出てきますよ~☆布の面はできるだけ平らにして、力はかけないで、靴の表面を滑らせるようなイメージで優しく拭きあげてくださいね~。ここでも手早くがポイントです。

(9)皮革用の溌水スプレーを靴全体に吹き付けて完了!!

茶色の革靴のお手入れ方法

用意するものは、靴ブラシ・小ブラシ・靴クリーナー(汚れ落とし)・茶色の靴クリーム(靴の色より薄めのもの)・靴クリームを塗る布・防水スプレーの6つです!!!ではスタート~~~!!!

(1)靴全体についたホコリを、靴ブラシではらってください。いっぽう方向にブラッシングします。革を傷つけないように優しくあまり力を入れないでくださいね~。

(2)ソールと甲革のあいだのホコリを小ブラシで優しく払います。いっぽう方向にブラッシングします。溝になっているので汚れが溜まる場所です。カビや靴のひび割れの原因にもなりますので、よ~く汚れを払ってください。

(3)布に、少量の靴クリーナーをとりますが、茶色の革はシミになる可能性が高いので、目立たない箇所で一度試してみて、シミにならない事が確認できたら、クリーナーを使うようにしてください。もし、シミになったら靴クリームのみのお手入れにしましょう♪

(4)そのまま、同じ布で汚れを落とします。優しい力加減で手早く動かしてください。だらだら動かすとムラになったりシミになってしまいます!革の表面だけをこするように動かすのがポイント。汚れがひどい部分は、円を描くようにくるくるこすると良いですよ!!

(5)布のきれいな面を使って、クリーナーを拭き取ります。あまり力をかけずに、スピーディーに布をこすらせながら、念入りに拭き取っていくと、ツヤが出てきます。ツヤツヤにしましょう~~(^^)

(6)布に茶色の靴クリームをごく少量とります。色むらにならないように、靴の色より少し薄めの茶色のクリームを使います。ほんの少量のクリームを数回にわけて、靴全体に塗っていく事がコツですよ☆

(7)(6)のクリームを靴全体に塗って行きましょう。うすく、少しずつ、均等に、小さな円を描くようにクルクルと塗ってください。

(8)布のきれいな面で乾拭きしましょう!!これでツヤが出てきますよ~☆布の面はできるだけ平らにして、力はかけないで、靴の表面を滑らせるようなイメージで優しく拭きあげてくださいね~。ここでも手早くがポイントです。

(9)皮革用の溌水スプレーを靴全体に吹き付けて完了!!

デキる靴

スエード革・ヌバック革・ベロアなど起毛皮革のお手入れ方法(1)

用意するものは、シューキーパー・靴ブラシ・小ブラシ・スエード革専用ブラシ・スエードラバークリーナー・防水スプレーの6つです(^^)ではスタート~~~!!!

(1)シューキーパーを靴に装着します。履きシワを伸ばすことで、シワの間の汚れなどを取りやすくしますので、お手入れの時は必ずシューキーパーを入れて下さいね(V^-°)

(2)靴全体についたホコリを、靴ブラシではらってください。いっぽう方向にブラッシングします。革を傷つけないように優しく、あまり力を入れないでくださいね~。

(3)小ブラシを使って、ソールと甲革のあいだに入ったホコリや汚れをかき出します。ここにたまったホコリに湿気がつくと、甲革のひび割れやカビの原因にもなりますので、念入りにブラッシングします。ここでもできるだけいっぽう方向を心掛けると、ホコリをよくかき出せますよ。

(4)スエード革専用ブラシでブラッシングします。汚れが落ちると同時に、寝てしまった毛が起きて毛並みが整いますよ!

(5)スエード革専用ブラシで落ちない汚れには、天然ゴムの消しゴムを使います。革に傷がつかないように、あまり力をかけずに、汚れている箇所をピンポイントで擦るようにします。汚れを落としたら、再度ブラシでブラッシングして毛並みを整えていきます。

(6)最後に防水スプレーをかけておきます。しみにならないように、靴から30センチくらいの距離をあけてスプレーします。少ない量を一気に靴全体にスプレーするのがコツですよ☆

スエード革・ヌバック革・ベロアなど起毛皮革のお手入れ方法(2)

ブラシやラバークリーナーを使って強力な汚れを落とします!!用意するものは、スエードクリーナー・靴ブラシ・歯ブラシ・スエードブラシ・水に濡らして絞ったきれいな布の5つです。ではスタート~~~!!!

(1)靴全体についたホコリを、靴ブラシではらってください。いっぽう方向にブラッシングします。革を傷つけないように優しくあまり力を入れないでくださいね~。

(2)ソールとアッパーのあいだのホコリを小ブラシで優しく払います。いっぽう方向にブラッシングします。溝になっているので汚れが溜まる場所です。カビや靴のひび割れの原因にもなりますので、よ~く汚れを払ってください。

(3)汚れている箇所にスエードクリーナーをスプレーしてください。白い泡が噴射されますがびっくりしないでね(笑)ただし、モノによってはシミになる場合があるので、目立たない部分で試してから使ってください!!!

(4)水でぬらして絞った布で、拭き取っていくと、汚れが落ちます(^^)

(5)特に汚れがひどい部分は、歯ブラシのような小さなブラシでこすってから布で拭き取ってください。

(6)汚れを落とし終わったら、靴ブラシでブラッシングして毛を起こします!

(7)このまま、半日~1日かけて陰干します。きちんと乾燥させてください。湿ったまましまわないように注意です。

(8)よく乾いたら、スエード用ブラシで毛を起しながら毛並みを整えます。ほとんど力をかけずにブラッシングします。

(9)最後に、靴ブラシで毛並みを整えて完了です。ここでもほとんど力をかけずに、軽くブラッシングする程度でOKですよ!

(10)スエードは汚れが付きやすいので、仕上げに防水スプレーをかけておきましょう☆

スタイリッシュな足元