靴紐の結び方

靴紐の結び方

靴紐の結び方も、けっこういろんなパターンがありますよ!!ただ革靴の紐の結び方はそんなに多くないんですけど、靴が好きならば、紐の結び方にもこだわりたいですよね!?

革靴の紐の結び方

革靴の紐の結び方には、「パラレル」「シングル」の2種類の結び方があります。「パラレル」のほうがより伝統的な結び方ですが、どちらで結ぶかは好みですね(^^)では、結び方を解説していきます!!

パラレル

パラレルの特徴は、内側・外側の双方からだいたい均等に圧力がかかるため、締まりも良くて緩みにくいですよ!革靴は紐がゆるんでほどけてしまったら、結構かっこ悪いので、しっかりと結びましょう☆

(1)爪先に近い紐穴に外側から両先を通します。

(2)片方の紐先を靴の先端から3個目の向かい側の穴に内側から通して、もう片方の紐先を同じく靴の先端から2個目の向かい側の穴に内側から通します。

(3)2個目に通した紐を向かい側の2個目の穴に外側から通して、更に向かい側の4個目の穴に内側から通します。

(4)(2)で3個目に通した紐を向かい側の3個目の穴に外側から通して、続いて向かい側の5個目の穴に内側から通します。以上のことを繰り返すことで、横に紐の通った美しい結び方になります。

シングル

シングルは見た目に非常にきれいで、靴の表面に紐の厚みが最も出ない通し方です。ただし、内側・外側双方からの圧力が均一ではないので緩みやすいのがデメリットかな・・・。そして、最終的に出てくる左右の靴紐の長さが揃えにくいのも難点なんですね~・・・。

(1)爪先に近い紐穴に外側から両先を通します。

(2)片方の紐先を爪先から一番遠い向かい側の穴に内側から通します。

(3)もう片方の紐先を2個目の向かい側の穴に内側から通して、続いて2個目の向かい側の穴に外側から通します。

(4)(3)を繰り返します。左右の紐の長さに注意しながら通していってください!

デキる靴

革靴以外で使える紐の結び方

一応、革靴以外の靴紐の結び方を書いておきます☆スニーカーなんかに適応するのではないでしょうか(^^)

オーバーラップ

オーバーラップとは、アイレット(穴・鳩目)の上から下に靴紐を通す方法のことです。ゆるみにくく、締まりがよいので、スニーカーやスポーツシューズによく使われる方法ですよ!!!解説するまでもないくらいオーソドックスな結び方ですね(^^)まあ、解説しちゃいますが(笑)

(1)爪先に近い紐穴に外側から紐の両先を通します。

(2)つま先から2段目の穴へ、外側から内側に紐を通します。

(3)左右の紐のクロスする順番に気をつけながら、(2)と同じ要領で上まで通します。クロスする順番を揃えてくださいね☆

(4)一番上の穴だけ、内側から紐を通します。紐を結いて完成~!!!

アンダーラップ

アンダーラップとは、アイレット(穴・鳩目)の下から上に靴紐を通す方法のことです。圧迫感が少ないのが特徴で、スニーカーやスポーツシューズによく使われる方法ですよ!!!こちらもオーソドックスな結び方で誰でも知っていますが、もちろん解説させていただきます(笑)

(1)爪先に近い紐穴に内側から紐の両先を通します。

(2)つま先から2段目の穴へ、内側から外側に通します。

(3)左右の紐のクロスする順番に気をつけながら、(2)と同じ要領で上まで通します。クロスする順番を揃えてくださいね~。

(4)一番上の穴も、内側から紐を通します。紐を結いて完成~!!!

オーバーアンダー

オーバーアンダーとは、アイレット(穴・鳩目)の外側から内側に紐を通すオーバーと、内側から外側に紐を通すアンダーを交互に繰り返す方法です。

(1)爪先に一番近い穴に外側から紐の両先を通します。

(2)爪先から2段目の穴に、内側から外側に通します。アンダーです。

(3)爪先から3段目の穴に、外側から内側に通します。オーバーです。

(4)爪先から4段目の穴に、内側から外側に通します。アンダーです。

(5)爪先から5段目の穴に、外側から内側に通します。オーバーです。

(6)穴の数だけこれらを繰り返して、最後の段は内側から外側へ通します。そして紐を結わいて完成です!!!

ボータイ

ボータイとは、下側の紐の交差をせず垂直に進むことで、表面のクロスをスッキリ見せる方法です(^▽^)

(1)つま先に一番近い穴に外側から紐の両先を通し、ひもの左右の長さを揃えます。

(2)紐を交差させず、垂直に2段目の穴に、内側から外側に通します。

(3)紐をクロスさせ、爪先から3段目の穴に外側から内側へ通します。

(4)紐を交差させず、垂直に4段目の穴に、内側から外側に通します。

(5)穴の数だけこれらを繰りかえし、最後の穴は、内側から紐を通します。紐を結いて完成です!!!

オーバーノット

紐が交差する際に横に1ひねりをする結び方です。ちょっと個性的なのでおすすめですよ☆通常より少し長めの紐を使ってください!!!

(1)爪先に近い1段目の穴に、内側から紐の両先を通し、ひもの左右の長さを揃えます。

(2)左右の紐が交差する時に、横に一回ひねります。

(3)爪先から2段目の外側から内側に、紐を通します。

(4)内側で交差させて、それぞれ3段目の内側から紐を通します。

(5)左右の紐が交差する時に、横に一回ひねります。

(4)4段目の外側から内側に紐を通します。

(5)穴の数だけこれらを繰りかえし、最後の穴は、内側から紐を通します。紐を結いて完成です!!!

ハッシュ

ハッシュという結び方は、紐を網状に通していく方法で、少しカジュアル感が出ます。個性的でファッション性が高いですね☆

(1)爪先に近い1段目の穴に内側から紐の両先を通し、紐の左右の長さを揃えます。

(2)1段飛ばして、反対側の3段目に外側から内側へ紐を通します。

(3)紐を交差させずに、垂直に爪先から2段目の穴に、内側から外側へ紐を通します。

(4)1段飛ばして、反対側の爪先から4段目の穴に、外側から内側へ紐を通します。

(5)穴の数だけこれらを繰りかえし、最後の穴は、内側から紐を通します。紐を結いて完成です!!!

ループバック

ループバックとは、紐を交差させながら穴に紐を通していくという結び方です。いままでの紐の結び方に飽きた方はこちらをどーぞー☆

(1)爪先に近い1段目の穴に内側から紐の両先を通し、紐の左右の長さを揃えます。

(2)紐を一回交差させます。

(3)クロスさせた紐を、2段目の内側から外側へ通します。

(4)(2)と同じ要領で紐を一回交差させます。

(5)クロスさせた紐を、3段目の内側から外側へ通します。

(6)穴の数だけこれらを繰りかえし、最後の穴まで紐を通したら、紐を結いて完成~~~!!!

トレイントラック

トレイントラックは、電車の線路のような結び方なのでこんなネーミングなんです(^^)少し特徴的な結び方ですね。カジュアルな靴を履く時、その靴の表情を変えたい場合などにいいですね。ただ、ひとつの穴に紐を2回通すので、靴によってはキツくて入らない場合もありますのでご注意ください(><)

(1)爪先に近い1段目の穴に内側から紐の両先を通し、紐の左右の長さを揃えます。

(2)片方の紐を1段上の穴の外側から内側へ通します。

(3)2段目の内側へ通した紐を、反対側の2段目の内側から外側へ通します。

(4)反対側の紐も同じ要領で2段目の内側から外側へ通します。

(5)左右の紐をそれぞれ1段上の穴の外側から内側へ通します。

(6)これらを繰り返して、最後の穴まで紐を通したら、紐を結いて完成です!!!

 

スタイリッシュな足元