革靴のお手入れ(2)

革靴のお手入れ方法

では前のページに引き続き、革靴のお手入れ方法の紹介です(V^-°)革靴は可愛いがれば可愛いがるほどに味が出て、自分の足に馴染んで、とてもかっこよくなります☆ぜひ、お手入れをこまめにおこなって、1足を長~く履いてください!!

カンガルー革の革靴のお手入れ方法

(1)靴にシューキーパーを入れて、型を整えます。

(2)そして革靴全体を靴ブラシではらいます。いっぽう方向にブラッシングして下さい。優しい力加減でおこなってください!!また、ソールと甲革のあいだに入った汚れも小さなブラシで丁寧に取り除いてください。

(3)カンガルー革専用のクリームを塗っていきましょう。円を描くように塗っていくと、均一にうまく塗れます。また、革が極端に乾燥しているところには、他の部分より少し多めのクリームを塗り込みます。少し力をかけて一気に靴全体に塗っていきます。汚れも落ち、革にツヤがでます♪

(4)布を平らにして、乾拭きします。ここでは、かるく拭き取る程度にしておきます。

(5)靴クリームを布にとりますが、革の色に合わせた靴クリームを用意してください!少量を何回かに分けて塗ります。クリームを円を描くように、靴全体に塗っていきますよ。色が薄くなっているところには、多めのクリームを塗って補色しましょう!

(6)布のきれいな面を使って、乾拭きしてツヤを出します。乾拭きのコツは、できるだけ布の面を平らにして、最初はやや力をいれて余分なクリームを全体的に拭き取ったら、あとはあまり力をかけずに磨くことですよ~!!

(7)溝やシワに溜まった靴クリームを掻き出すように、ブラッシングをします。これで完了☆☆

(8)保管もシューキーパーに入れておくことをオススメします(^▽^)

デキる靴

コードバン(馬革)の革靴のお手入れ方法

(1)靴にシューキーパーを入れて、型を整えます。

(2)そして革靴全体を靴ブラシではらいます。いっぽう方向にブラッシングして下さい。優しい力加減でおこなってくださいね!!また、ソールと甲革のあいだに入った汚れも小さなブラシで丁寧に取り除いてください。

(3)コードバン専用の靴クリームを塗っていきましょう。円を描くように塗っていくと、均一にうまく塗れます。また、革が極端に乾燥しているところには、他の部分より少し多めのクリームを塗り込みます。少し力をかけて一気に靴全体に塗っていきます。汚れも落ち、革にツヤがでます♪コードバンは、履いていくうちに表面がザラザラしてくることがよくあります。ザラついた箇所には少し多めにクリームをとって、少し力をかけながらクリームを塗り込んでいきましょう。

(4)布で乾拭きして、余分なクリームを拭き取ります。布の面はできるだけ平らにして乾拭きしていくとツヤが出てきますよ☆

(5)ポリッシュを塗ります。コードバンは最後にポリッシュでコーティングしないとツヤが出ないんです(^^)布に、少量のシューポリッシュをとります。少量のポリッシュを数回にわけて、靴全体に塗っていきますよ~。薄く、まんべんなく均一に塗っていきます。円を描くような感じで塗るとうまく塗れます。

(6)乾拭きしてツヤを出します。布は、きれいな面を使って平らにして、力はあまりかけない事!!

(7)あとは、3、4日くらいシューキーパーに装着したままのほうが綺麗に仕上がりますよ~!!

エナメルのお手入れ方法

エナメルには、特殊なコーティングがしてあるので、普通の革靴用クリームではなく、エナメル用クリームを使います!!間違ったクリームを使うとツヤガ消えてしまうのでご注意ください(><)用意するものは、靴ブラシ・小ブラシ・エナメル用クリーム・靴クリームを塗る布です!!ちなみに、エナメル風の合皮や塩化ビニールは、濡らした布で汚れをふき取るだけでOKです。他の手入れは不要ですよ~。

(1)靴ブラシで、ホコリや泥を落とします。力を入れすに優しくブラッシングしますよ~。こびりついた汚れは濡れた布でこすり落として乾かしてください。

(2)ソールとアッパーのあいだのホコリを小ブラシで優しく払います。いっぽう方向にブラッシングします。溝になっているので汚れが溜まる場所です。カビや靴のひび割れの原因にもなりますので、よ~く汚れを払ってください。

(3)エナメル用クリームを布に付けて薄く塗ります。ヒビ割れを防ぎ、光沢感をだします!!

(4)布のきれいな部分で乾拭きをして、光沢を更に出します!!これでOK(^^)

オイルレザーのお手入れ方法

オイルレザーとは、牛革をなめすときにオイルを染み込ませる事で牛革をしなやかにして、耐久性をアップさせたものです。革靴の中でも登山靴などの厳しい環境下での使用に耐えるものに多く使われています!それだけ擦れや傷に強く、手入れさえしっかり行えば長く使える素材ということですね(^^)ぼくもオイルレザーのブーツは何足か持ってますけど、履けば履くほど風合いが増して楽しい靴です!!では手入れの方法を解説します!!

(1)ブラッシングはしません!!男らしく一気にクリーナーをかけて汚れを落としてください!!オイルレザーの革靴はあまり光沢やツヤが元々ないものなで、ツヤ出しのブラッシングは不要。クリーナーは液状のものを使った方がベターです♪

(2)クリーナーを使っても落ちない激しい泥汚れなどは、サドルソープを使用してジャブジャブ泡立てて革靴を洗ってください☆これも男らしく、潔く(笑)オイルレザーは元々油分が多いので、そのぶん汚れが吸着しやすいんです。そこでサドルソープを使って豪快にジャブジャブ洗うと綺麗になります。強い素材なので気にしないで洗ってください(V^-°)

(3)汚れを油ごと落としたら、今度はきちんと油分の補給をします。オイルレザーにはミンクオイルを使いますよ!!手のひらに適量とって、体温で温めながらアッパー部分に染み込ませていきます。オイルレザー特有の「しっとり感」がでてくればOKです!!

(4)靴ブラシを使用してミンクオイルを革靴全体に行き渡らせます。オイルレザーはガシガシとブラッシングして大丈夫です☆オイルレザーの合言葉は「男らしく、潔く」ですので(笑)

(5)革靴全体にミンクオイルが染み込んだら、ちょっと放置・・・。ミンクオイルを落ち着かせましょう!その後、布で革靴を乾拭きして表面を整えていきます。表面のベタつきが気にならない程度になったら完了です!オイルレザーに元々ツヤはないので、手入れしてもツヤは出ませんよ(^^)

スタイリッシュな足元

あこがれの高級住宅街でみかけたあんな物件、こんな物件!あなたのお探しの物件あります!尼崎 不動産が自信を持ってオススメするお住まいです。