革靴のお手入れ(3)

靴のお手入れ方法

まだまだ続きますよ~(笑)このページでもお手入れ方法の解説をさせていただきますね~!!ここでは革靴というよりも、靴全般に対応できるお手入れの説明ですので、革靴に興味のない方もご覧ください!!

合皮の靴のお手入れ方法

(1)靴全体についたホコリを、靴ブラシではらいます。

(2)一度水で濡らしてしぼったタオルで、汚れを拭き取ります。素材によってはシミになる場合がありますのでご注意ください!!

(3)濡れたタオルで落ちない場合は、靴クリーナーを使います。靴クリーナーを乾いた布にとり、汚れを落としていきます。

(4)布を使って、クリーナーを拭き取ります。

(5)靴の色があせてしまっていたり、傷などがある場合には、その靴の色に合った靴クリームを塗って補色します。乾いた布に、靴クリームをとり、靴全体に塗ります。

(6)布で、余分なクリームを拭き取ります。念入りに乾拭きするとツヤツヤになりますよ!!

つや出し(ポリッシュ)方法

革靴を部分的にツヤだしすると、革靴にさらに表情が出てかっこいいんですよ~~~(>▽<)主につま先とかかと部分にツヤ出しします。それ以外の部分にツヤ出しクリームは使わないでください。油分が多すぎて革靴がだめになりますので(><)

(1)黒色の靴には黒、茶色の革には茶の靴用ポリッシュを用意してください!!しみになりやすい革もあるので要注意です。目立たないところで試してガッテンしてみてください(V^-°)革はポリッシュを塗ると色が濃くなるので、それが嫌な人は無色のツヤ出しポリッシュもありますよ~♪けっこう無色のツヤ出しポリッシュ使い道ありますので試してみてください。

(2)ではポリッシュを塗っていきましょう!円を描きながら、つま先から少しずつ塗っていきます。少し力をかけてOKです(^^)

(3)塗った部分に水を2~3滴たらします。そして水とすでに靴に塗ったポリッシュを混ぜるように布で丁寧に磨いてください。

(4)(3)の作業を靴全体におこないます♪

(5)縦方向に磨きます。力をかけずに表面を滑らせるようにです。美しいツヤが出ますよ!!!もしツヤがでなければまた水を含ませるところから始めてください(V^-°)

デキる靴

靴が雨などにぬれた場合のお手入れ方法

これも大切ですよ~~~!!!放置しておくとカビや菌がわんさか出てきて、みるみる革靴を破壊していきます・・・。革靴は生きてますから、きちんと手をかけてください!!!ではスタート~~~!!!

(1)革靴に新聞紙をつめて、水気を抜いていきます。

(2)革靴の外と中の汚れや水分を拭き取ったら、靴の形を整えつつ、ティッシュでくるんだ新聞紙を中に入れましょう。その革靴を、風通しの良い日陰で約半日くらい乾かしますよー(^^)直射日光で急激に乾燥させると、革が破壊されますので、あくまでも日陰でお願いしますね!!

(3)汗の塩分で塩が吹いてしまった場合は、靴が乾いた後にシュークリーナー(靴の汚れ落としクリーナー)を乾いた布にとって、丁寧に取り除いてください。

(4)靴の栄養クリームを薄く伸ばしながら、靴全体に塗っていきます。丁寧にムラのないようにお願いします!濡れて弱った革に栄養やツヤを与えて、ヒビ割れなんかもしにくくするので大切な作業です☆

(5)革底に、極めて少量のミンクオイルを薄く伸ばして油分を補給してください。

(6)最後に、水を弾くためのウォータープルーフスプレーなどをかけておくと更に良いでしょう!!これらの手順が終わったら、風通しのよい日陰に保管してくださ~い。

革底(レザーソール)のお手入れ方法

革底にはミンクオイルを塗ります。乾燥を防ぎ、柔軟性・耐水性が増すんです!!塗りすぎると革が柔らかくなり過ぎて、減りが早くなるのでご注意ください(><)1ヶ月に2回程度でOKです。用意するものは、靴ブラシ・ミンクオイル・靴クリームを塗る布です。ではではスタート!!簡単だよん♪

(1)ブラシで革底の土やほこりをはらいます。優しく~♪丁寧に~♪いっぽう方向にかけてくださいね~!

(2)布にミンクオイルを少しとります。本当に少ない量でOK。足りなければ足せばいいので(^^)ミンクオイルを塗れば塗るだけ、革底が柔らかくなり減りやすくなりますので加減が重要です!!

(3)ミンクオイルをソール全体に塗ります。うすく、均一に塗ってください。手早く優しく、クルクル円を描いて塗ります。

(4)革底の側面にもミンクオイルを塗ります。アッパーとソールの間の乾燥を防ぐことができます☆

(5)布のきれいな面を使って、優しいタッチで余分なオイルを拭き取って完了で~す!!

革靴の臭いを消す方法

一日履いた革靴って、けっこう臭いませんか~??そんなときは次のようなお手入れ方法を試してガッテンしてみてください~!!!

  • レモンの搾り汁を布に含ませ、履く10~15分前に靴の中に入れておきます。そうするとレモンのさわやかな香りが生まれ、不快な臭いは消えます!
  • ドリッパーで入れたコーヒーのカスを乾燥させて、ティーパックなどに入れて靴の中に入れておくと臭いが消えます。あら不思議~☆
  • 革靴に10円玉を入れておきます、10円玉の銅が臭いの元となるバクテリアを押さえてくれます。10円玉を置いた後、更に水でスプレーしても効果的なんですよ。
  • インソール類で、抗菌・防臭なんてゆうのもありますので、おすすめですよ。入れて履くだけでOKです☆
  • 消臭・殺菌スプレーを靴の中にスプレーし、臭いの元となるバクテリア等の雑菌を殺菌すると同時に、汗などによる革靴の臭いを取り除きます。そのあと、乾燥・脱臭剤「シュードライ」を革靴に入れて2日間くらい放置しておけばOKですよ。

サドルソープはどんな時に使うんですか~?

オイルレザーの手入れなんかで使うサドルソープ、使う場面がわからない方多いみたいなんですよね!!接客してても、けっこうこの質問多いんですよ~!!僕、革靴の販売しているので、お客様もサドルソープを買ったはいいけど、いつ使うのかわからなくて・・・って質問されます。こうゆう時に使ってくださいね~って答えてますよ!!

(1)革靴の履きシワが深くなってきた時や、型崩れがひどい時につかいます!

(2)雨でシミができてしまった時や、革靴の表面に汗から出る塩分が浮き出てきた時につかいます!

サドルソープ使用の注意点!

(1)サドルソープでもシミが取れないこともありますよ~。それはもう、「味」として楽しんじゃってください☆

(2)乾燥している皮革製品に使用すると、革製品に水分が与えられるということになり、色が濃くなります☆それが嫌な方は使用を控えてください(><)

(3)起毛皮革製品、エナメル革、ハ虫類皮革などには使用できませんよ!!

スタイリッシュな足元

社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった流行にも敏感な尼崎 不動産で理想のお住まいを探してください。